スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大きな出来事 2」

お世話になっておりますm(_ _)m


前回は、この子の被害と生い立ちを書かせて頂きましたが、
今日はもっと突っ込んだ内容を書いて行きたいと思います。



この子の被害は子犬から成犬、そして今に至るまでの長い期間に及びます。
その経過の中で、被害の形も何度となく形を変えて続いています。

そう言った中での私達の行動について、突っ込んで書いて行きます。



この子が子犬の時期は、虐待飼育と言う全体的な問題を捉えないといけなかったので、
この子だけを預かる事は出来ませんでした。
そうしてしまうと、動きに大きく制限も掛かったと思いますし、
飼い主への追求の勢いを弱まってしまっただろうと思います。



SOSが始まった時もそうです。
皆を見ると、どの子もそれぞれに被害があり、皆が可哀相になってしまうのは分かりました。
でも、そうすると何もかもが崩れてしまいそうで…
何度も挫けそうになりながらも、ある大きな一線を引く事を決めたんです。
それが、
どの子も預からないと言う、大きな線でした。

ただそれも、
当時の身勝手な里親予定者の嘘と飼い主の身勝手な押し付けで、
ねずみを預かると言う結果になってしまいました。
ホームステイ中に発生させられたねずみのパテラやその後の扱いを思うと、どうしても可哀相になったんです。


その後は、
サラさんからは、もう絶対に預かっては駄目、と言う線を厳しく引かれました。
SOSに集中する事、何よりあらゆる余裕がもう無いと言う事実から、私自身もそう思いましたしそう決めました。


ですが、
SOSスタート時に、みにーちゃんと言う子が亡くなりました。
優先と言う言葉の外に出た子です。
全ては救えないだろうし、何もかもは出来ないと言う事は承知しています。
でも、
本当にそうなのか?手段はあったんじゃないのか?
自問自答と自責の念は、今も続いています。
答えが欲しいのではないんです。
何もかも出来る訳では無いと、答えは分かっていますので…
そう分かってはいても、いつもグルグル回ってしまいます。

そう言った出来事もあり、死んだら終わりだと言う事が強く心に刻まれてしまったんです。


そして、
その結果、 みゅーとあんりを預かる事となったんです。
何を言ってもどう考えても、あのままみゅーとあんりを置いておくと、確実に死んでしまっただろうと思います。
飼い主からは、わざとそうしていると言いますか、そう仕向けていると言う空気を感じてました。
上手く説明出来ないのですが、悪い事ばかり考えている人って、近くに行くと空気で感じませんか?
何とも言えない、気持ち悪い空気を。
そう言った空気を、飼い主から感じたもので、これは絶対危ないと思い、
サラさんと何度も衝突しながらも預かる事に踏み切ったんです。


話を本題に戻しますと、
以上の様な状態が背景にあったもので、本当はるびーの事はずっと頭の中から消えなかったのですが、
預かると言う行動に移せなかったんです。
と言うよりも、その時期その時期の状態から見ても、預かれないと言う表現が正しいです。
ですので、
何度も何度も夢には見ていましたが、その選択肢はどうしても取れなかったんです。

そして、
この子を見掛ける度、見掛ける度、罪悪感みたいなものに押し潰されそうになっていました。
いえ、正直、押し潰されていた時もありました。


でも、
絶対に無理だったんです。
サラさんの反対も凄い勢いでした。
それは、ごもっともだと思います。

ただ、
サラさんも私の言っている事は分かってくれていますし、私もサラさんの言っている事は分かっています。
だから、
様子を見ると言う姿勢を取る結論で落ち着いていました。
そんな結論を出しても、私の中では上記の様な罪悪感のループでした。


それで、
前回の出来事が出て来ました。
もう様子を見るのが怖い状況です。


もう余裕と言う言葉が分からない位、あらゆる余裕が無いのが現状です。
ですが、
手遅れになる前に何とか…
私達が出来る限りの時期だけでも何とか…


その一心で、条件付きですがサラさんを説得しました。
そして、
今回、いつもお世話になっているある方からのお力添えもあり、
この子を預かる事が出来ました。


余裕が無い事も大変ですが、それ以上に依存をどれだけ消して行けるかが、かなり大変な問題だと思っています。
それに、 他の預かりの子達の調和が著しく崩れたり、
私達自身が崩れてしまうのは絶対にしてはいけないと言う条件もあります。

でも、
これで、とりあえずは、この子への辛い仕打ちを防ぐ事が出来ます。
本当に感謝でいっぱいです…
ありがとうございますm(_ _)m


今回は緊急の問題でした。
預かりの条件もあるので、どこまで出来るかは分かりませんが、出来る限り頑張りたいと思っていますし、
色々な方向からも解決策を模索して行きたいと思っています。


多くは出来ないし望んではいませんが、まずは飼い主から引き離す事が出来た事実が何よりだと思っています。




続きます。




皆様からのお気持ちが必要です。
ご協力宜しくお願い致しますm(_ _)m


・ご支援は随時受付中です。
温かいお気持ちがこの子達の幸せの一歩となって行きます。
お力添え宜しくお願い致します。
(↓こちらのフォームよりお願い致します。)
支援申込みメールフォーム



・新しい家族を待っている子達のページです。
この子達の不幸をご理解頂け、
本気で迎えて頂ける強いお気持ちの方からのお申し込みをお待ちしております。
(↓こちらのページより進めます。)
幸せを待つ子達

(お申し込みされる子が決まりましたら、
譲渡についての注意事項へお進み下さい。
最後まで読んで頂くとメールフォームがあります。)




↓クリックでの応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m

スポンサーサイト

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

訪問者
プロフィール

ジャック

Author:ジャック
奈良24頭のプードル SOS!里親募集のブログです。
里親へのご応募、ご支援のお申込みはホームページにてお願い致しますm(_ _)m
皆様からの温かいご協力、心よりお待ちしております。

現在、コメントは閉じてあります。
コメントはメールフォームを
利用して頂ければありがたいです。

この子達の幸せの為、頑張って行きたいと思います。
応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

↓ブログランキングへのクリックでの
応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
12706位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

6609位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。