スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「飼い主の悪行~裏切り~その1」

今日は、
飼い主が行った裏切りの話です。

と言っても、
裏切りの塊みたいな人間ですので、
特に酷い内容を、テーマを絞って書いて行きたいと思います。




ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
過去にあった「妊娠事件」の事です。


これは、
SOSの最初の頃に起きた事件です。

SOSの子達は、
預かりの子達を除いて、全て飼い主の元に居ます。
普通の状態よりは、
様子を見れる頻度は高いのですが、
「調子が悪い」だの「喧嘩するから」だので、
「部屋を分けている」等と何かと理由を付けて、誤魔化され続けていました。

お腹が目立つ子だけを、そうやって誤魔化されていたんです。

この時期は、
丁度、SOSがスタート時期で少し空白期間がありました。
まだ里親さんとのやり取りが、本格化する前だったんです。
そして、
この時期の前には、ねずみの譲渡破談もあったので、
飼い主の中には、「どうせ決まらんやろ」的な思いがあったのでしょう。
そこから、
「直ぐに決まらないなら、もう一回繁殖させて…」と、欲を書いたのだと思います。

当然、私は烈火の如くに怒りました。
飼い主のこの行為は、最低最悪の裏切りでした。





この続きを書く前に、
まず最初に書いておきたい事があります。


SOSを始める事になる前に、
飼い主から相談(根負けして)されたんです。
これは、ホームページに書いた内容の通りです。
「ブリーダーをもう止めたい」と言う内容です。

実はこの時、
何頭の子達は妊娠していたんです。

私は、きちんと出産が終わってから、譲渡を募集しようと言う考えでしたので、
その時期だけを調整する事しか考えていませんでした。

ですが、
今の維持費用や今後の維持費用が厳しい事、
全ての発端である、元締めのブリーダー(悪徳ブリーダー)から搾取されるのが嫌と言うか、
維持して行けないと言う事。(後述しますが、このシステムでは当然に厳しいと思います。)
この2点をもって、
飼い主自身で販売したいと言う意思表示がありました。

私からすれば、
「ふ~ん」としか言えない事です。
「あ、そう。じゃあ、その後の事だけ準備しておく。」と言う考えしか出ないので、そう伝えました。

しかし、
そうはスムーズに行かなくて、グチグチと「自分で出来ない」と泣き言の繰り返しでした。
でも、
何を言われても、「知らんがな」なんですよね。
だって、
そもそも、
私達は、飼い主のブリーダー業には反対し続けていた立場ですので。
何度も話しましたが、
本当に、「知らんがな」しか出て来なかったんです。
それに、
「今まで〇〇(悪徳ブリーダー)に売っていたんだから、今回もそうしたら?」と、
何度も何度も言いました。
私には関係無いし。


そこから、
長い話し合いが続いたんですが、話は思わぬ方向へ進んだんです。

飼い主は自分では出来ないので、私達へやってくれと言い出したんです。
その替わり、
そこで売れたお金は全部、この子達の維持費に充てると。
さらに、
売れたお金の一部、確か2、3割は私達への費用として渡す言い出したんです。
普通の話として聞くなら、
面倒臭そうだし興味も無い話なので、絶対に関知しない内容です。
ですが、
この子達の費用に充てれると言う点はメリットがあります。
そして、
ここまで飼い主を追い詰めて来た私達には、お金の重要さが痛い程、身に染みています。
正義だけでは何も出来ない事が、血反吐を吐く程に思い知らされたんです。
ですので、
ここで私達が得た費用を、今後のSOSの活動資金に充てられる点も、大きなメリットに感じました。
残る不安要素は、飼い主の嘘だけでしたが、
私が管理する事で、売り上げ金から費用までの流れを管理する事が出来るので、嘘は通用しない。

以上の点から、
引き受ける事にしたんです。
この時点では、繁殖はもう終わりですし、
何より、この子達の費用の確保が最重要だと感じた故の決断でした。
あとは、
この子達が苦しんで生んだ子犬です。
その子犬を売ったお金が、悪徳ブリーダーの贅沢に消える事も癪に障る部分もあったもので。

ところが、
その後は、本気で地獄の様な日々が続いたんです。
だって、
私は、販売から何から何も知らないんですから。
販売の勉強から始まって、関係する法律を必死で勉強しました。
そして、
さらに酷い事に、ホームページも作った事が無いんです。
それも一から勉強しました。
ただ雛形を持って来て作るだけでは誰の目にも付かないので、それも一から勉強しました。
加えて、
出産が全部終わったら、ようやくSOSを発信出来るので、その準備もそれと並行してやっていました。
毎日毎日その勉強と準備で、徹夜なんかは頻繁にありました。


私がどう言う考えなのかは、皆様ご存知の通りです。
子犬の販売なんて、もう二度と係わる事の無い出来事です。
一生に一度の経験でしたので、自分が思う通りの事を詰め込んだんです。

今もだと思いますが、
当時も、生後45日で子犬を販売するのが主流でした。
悪徳ブリーダーも飼い主もそうでした。

ですが、
私は、90日~120日の期間を設定しました。
この時期の環境はとても重要で、
母犬や兄弟犬との触れ合いの中で、多くの事を学ぶみたいです。
情報を少し調べれば、この根拠は出て来ると思います。

早くても生後90日、その子の状態によっては生後120日。
これが、
私が頑なに決めた、母犬とのお別れの最低ラインでした。

生まれた子犬達が穏やかな子になってもらいたかったので、
様々な情操教育なんかも勉強してました。
そのマニュアルも何個も作りました。

限られた子犬の大切な時期に、
出来る限りの良い経験をさせてあげたかったし、
SOSの子達の譲渡の準備もあるしで、
常に時間にも追われてました。


もう、本当に一生懸命でした。
具合が悪くなる位。
何度も倒れる寸前な状態もありましたし、
この時期は、
記憶が断片的にしか無い状態でした。





その2へ続きます。













皆様からのお気持ちが必要です。
ご協力宜しくお願い致しますm(_ _)m


・ご支援は随時受付中です。
温かいお気持ちがこの子達の幸せの一歩となって行きます。
お力添え宜しくお願い致します。
(↓こちらのフォームよりお願い致します。)
支援申込みメールフォーム



・新しい家族を待っている子達のページです。
この子達の不幸をご理解頂け、
本気で迎えて頂ける強いお気持ちの方からのお申し込みをお待ちしております。
(↓こちらのページより進めます。)
幸せを待つ子達

(お申し込みされる子が決まりましたら、
譲渡についての注意事項へお進み下さい。
最後まで読んで頂くとメールフォームがあります。)




↓クリックでの応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m








スポンサーサイト

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

訪問者
プロフィール

ジャック

Author:ジャック
奈良24頭のプードル SOS!里親募集のブログです。
里親へのご応募、ご支援のお申込みはホームページにてお願い致しますm(_ _)m
皆様からの温かいご協力、心よりお待ちしております。

現在、コメントは閉じてあります。
コメントはメールフォームを
利用して頂ければありがたいです。

この子達の幸せの為、頑張って行きたいと思います。
応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

↓ブログランキングへのクリックでの
応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
12322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

6266位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。