スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思う事~ある支援者~ その2」

今日も引き続き、同じ内容になります。




二人目は、石川の人間でした。


今は石川と言えば、
ニコちゃん(元せーら)ファミリーの良いイメージしかありませんが、
実はとんでもない人が居たんです。



この人からは、一応は支援(支援金)を頂きました。



なぜ一応なのかを説明しますと…



支援金を振り込みして頂いた直後、電話が何度も掛かってきたんで

それで、

→何度も掛かって来るので、電話を掛け直す。

→そこから長電話が続いて、中々電話を切らしてもらえない。

→結果、支援金の7割位が通話料に消えた。


電話の内容が、
実のある話ならばまだ良かったのですが、
そうでない話ばかりでした。

これが、「一応」の理由です。


これだけなら、
何をしたいのかが分からない人、時間の無駄を作る人、
こんな風に思えばギリギリ流せる話なのかも知れませんが、
問題はその内容なんです。




電話では、事ある毎に「大丈夫なの?」と言われました。
しっかりしてるのかが心配だとも言われました。

そこから、
「こうしないと」とか、「あれもしないと」とか、
どんどんと、ずかずか踏み込まれた話になって行ったんです。

まず最初に言いたいのが、
これは、
気を使っているんですよ。
年配の方でしたので、気を使って言葉を選んでただけなんです。

詳細な情報は、
ホームページやブログで書いているので、
わざわざ直接、何度も長々話さなくても良いと思っての事でした。

そんな理由で自重した結果が、こうなった訳です。


そこからは、
どんどんと暴走されて…

この人自身が、
某動物愛護団体からワンコを譲渡してもらった経験があるとかで、
この子達をそこで引き取ってもらえないかどうか?
その団体の掛かり付けの動物病院で、避妊手術をやってもらえるかどうか?

これを、
その団体に聞いたらしいのですが、その答え以前に問題があるんです。


その問題とは、
こちらに断りも無く、勝手に行動されたと言う事です。


手術?

引き取り?

誰が頼んだの?

誰が言ったの?

こちらからは、何一つ言ってませんから。


その獣医にせよ、団体にせよ、
そこまで託せるに値する根拠すらないんですよ。

その団体の話は後述しますが、
大体、動物病院の話もそう。
獣医の中では簡単な扱いの避妊手術ですら、死亡事例もある位なのに。
自分が信頼してるからと言う理由を、一方的に押し付けるなよ。
リスクを受けるのは、この子達なんですよ。

怖いよ。
怖くて、到底出来ない。
簡単に考え過ぎなんですよ。


この子達の事を可哀相とか言っても、
根底に物扱いがあるから、
形だけに捕らわれた行動が出来るんですよ。
とりあえず、
動かせば問題が解決するみたいな。

一つの命として、
重く考える事が出来れば、
そんな軽はずみな行動は出来ないはずですから。



それで、
電話の内容に戻ります。


この人、途中からどんどん暴走がエスカレートして来て、
こちらの状態にまで不満を言う様になったんです。
所在を明らかにしないのはおかしいと。

これは、
過去に何度かお伝えしている様に、
私自身が飼い主と距離が近い分、所在は明かせない理由があるが故です。
飼い主宅への出入りも多いので、万が一のリスクを無くす為です。

騒ぐだけ騒いで「あとは知らね」なんて事をしても、
その本人は逃げれば済む話ですが、その後、一番被害が及ぶのはこの子達なのですから。
それは、最優先に避けないといけませんので。


この人は、それをおかしいおかしいと言い出したんです。

支援をした後で、もうすでに伝えている状態を指して、
あれがおかしいこれがおかしいと言う事こそが、おかしな主張です。
そして、
この手の話には必ず、ある言葉が付いて来ます。
それは、「やっぱり」と言う言葉です。

やっぱりと言うからには、最初の段階で思う所があったのだと思いますが、
そうだとすれば、何もしなけば良いだけの話です。

大人なのですから、不安があれば行動しなければ良いんです。
反面、行動をするのならば、「でも」とか「やっぱり」とかは無いものです。
何でもかんでも、簡単にやり直しは出来ないですよ。


決めて行動する。

この形が出来ない人が多いのは、悲しい…
いや、面倒臭いです。
だって、
飼い主そっくりですから。
話がコロコロ変わるので、うざい。



この日の電話は何とか切る事が出来ましたが、
用事(この子達の買出し)へ出掛ける前だったので、予定が大幅に狂いました。
サラさんがむっつりしてたのを覚えています。


そして、後日の話です。

この人から、
訳の分からないメールが来たんです。

誤字脱字も多くて、
意味自体がよく分からない文面でしたので省略しますが、
内容を要約すると、どうやら当SOSが他の場所でも募集していると言う内容でした。
「他のサイトでも募集しているじゃないですか?どう言う事?」みたいな内容です。

当SOSが正式に募集している場所は、ホームページとブログだけ。
この二つ以外の場所では、募集はあり得ません。
里親募集の掲示版サイトですら、登録はしていませんし。

この内容を相手に伝えても、全く聞く耳持たずでした。
気になったので、
「その見つけたサイトを教えてくれ」と頼んでも無視。

そう言えば、
このメールだけでなく、電話でも基本的に人の話を聞いてくれない人でした。
さっき完結して終わった話を、何度も繰り返すし。

対話が出来ない人なんですね。
これもまた、飼い主と同じです。



不幸な犬を可哀相と思う事。
その不幸な犬を引き取る事。
何かしたいと支援する事。

このどれもが素晴らしい事です。

ですが、
対話が出来ない。
この一つで、全てが台無しになるんです。

不幸な犬なり猫なり、果てはエキゾチックや鳥まで。
その不幸な動物達は、全てが人間に不幸にされています。
そして、
人間によって裁かれて、人間によって救われています。
全てが、人間の問題となります。

その中で、
理解が出来ない事、対話が出来ない事は論外です。
問題に飛び込むべきではない人間なんです。

理解力に乏しい人や対話が出来ない人は、問題をややこしくします。
これは、絶対的な法則です。
必ず問題は、以前より酷くなります。

こう言った人は、
最悪でも、何かや誰かの枠内で行動した方が、実は問題は早く解決したりします。



あくまでも、
問題解決と言う範疇の話で書きます。

問題を起こす人→人間として低い人。
何もしないが、何も問題は起こさない人→普通の人。
問題を未然に防いだり、解決する人→人間として高い人。

この高い低いは、
人間としての意識や能力と言う意味だけでです。
他の意味はありません。

きちんと抑制された枠内では別ですが、
理解が出来ない事や対話が出来ない事は、普通の人以下です。

どう言い訳しても、そのカテゴリーに入ってしまう。
だから、
問題に飛び込むべきではない人間なんです。
(この先は、改めて書きます。)



長くなりました。
もうそろそろ、終わっておきます。




最後に、
先程、後述すると言った事を書いておきます。




この人がワンコを譲り受けた動物愛護団体。
この人自身が、えらく心酔している団体です。
私に向けて、
「とにかく大丈夫だから」とか、「信頼出来るから」と連呼していた団体です。


あなた、
この団体の裏の顔を知ってるの?
過去に何をしたか知ってるの?

私は知ってますよ。
何個か見付けましたが、とんでもない行為ですよ。
一番酷いのは、命に係わる大問題ですし。

私に対して、
「大丈夫なの?」や「しっかりしてるのかが心配だ」と言って、
おかしいおかしいと疑う以前に、その方向をこの団体に向けたらどうですか?
私に対して、しつこく疑う事が出来る位なのですから、そう言う気持ちを持てる人なんですよ。
その気持ちを、その団体へ向けなさいよ。

それが、
不幸な動物達の問題を解決する、「第一歩」なんですから。


そして、
あなたが知らなくて、私が知っている。
これは何故だと思う?

私は、
この団体を含めた全ての動物愛護団体とは、ただの一度も関係は無いです。
ほとんどの団体が、本質から離れた問題意識を持っているので、大嫌いだからです。
ですので、
団体関係は、あなたの方が詳しいはずです。


じゃあ、何故この違いが出るのか?


努力の違いですよ。
調べる事へは、私は心血注いでいるから。
あなたが同じ努力をすれば、同じ事を知れたはずです。

知れなかったと言う事は、努力が無いか足りないだけ。
知っていたとするならば、相当悪質な人間だと言う事だけ。



私の言いたい事をまとめると、

情報収集等の努力もせずに、分かった様な口調で他人へ説教なんて、なめんなよ。
この子達をその団体で引き取ってもらえないかどうか?
ふざけんなよ。
命の危険と隣り合わせじゃねーかよ。
死んだらどうすんだよ。

と言う事だけです。





その3へ続きます。









皆様からのお気持ちが必要です。
ご協力宜しくお願い致しますm(_ _)m


・ご支援は随時受付中です。
温かいお気持ちがこの子達の幸せの一歩となって行きます。
お力添え宜しくお願い致します。
(↓こちらのフォームよりお願い致します。)
支援申込みメールフォーム



・新しい家族を待っている子達のページです。
この子達の不幸をご理解頂け、
本気で迎えて頂ける強いお気持ちの方からのお申し込みをお待ちしております。
(↓こちらのページより進めます。)
幸せを待つ子達

(お申し込みされる子が決まりましたら、
譲渡についての注意事項へお進み下さい。
最後まで読んで頂くとメールフォームがあります。)




↓クリックでの応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m


スポンサーサイト

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

訪問者
プロフィール

ジャック

Author:ジャック
奈良24頭のプードル SOS!里親募集のブログです。
里親へのご応募、ご支援のお申込みはホームページにてお願い致しますm(_ _)m
皆様からの温かいご協力、心よりお待ちしております。

現在、コメントは閉じてあります。
コメントはメールフォームを
利用して頂ければありがたいです。

この子達の幸せの為、頑張って行きたいと思います。
応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

↓ブログランキングへのクリックでの
応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
17319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

8677位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。