スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「飼い主の虐待 その3」

「ちゃーみーとぴーす」


二度目の虐待のピークになった出来事です。

たまたま一緒の時期に生まれだけで、
この2頭へは集中的な虐待が行われていました。

おまけに、
同じ場所へ譲渡が決まり、
その後に破談(相手側の契約違反)です。
余りに散々過ぎて、
掛ける言葉がありません。


暴力的な虐待自体も、
とにかく内容が酷かったです。

殴る、棒で突く、握り捻る、引きずり回す等、
執拗に繰り返していました。
いつも悲鳴ばかりです。

そして、
しつこい。
ほとんど毎日です。
虐待の無い空白時間の間隔も狭いので、
1日に何十回と、けたたましい悲鳴と怒鳴り声が続いていました。

原因はいつもと同じで、
シートを散らかしたりフードをこぼしたり等の粗相。
そして、
自分の思い通りにならない事です。
これは、「ここで食べろ」とか「寝ろ」とか「動くな」です。
全部、
飼い主自身のタイミング次第であり、完全な自分勝手な都合です。
規則性や関連付けもへったくれも無いので、
その子達は混乱の連続です。
特に、
「動くな」を見れば、
どんなレベルの人間なのかが分かると思います。

結果、
暴力行為→ストレスや混乱で、また同じ事をする。→暴力行為…
またこの繰り返しです。

何故、頭を使わないのか…
動物への思いやりなんて、もはや求めませんが、
後片付けや掃除等の手間を嫌うのなら、
そうならない様に、考えて先手を打てば良いのに。
その方が自分が楽な筈なのに。
思考が昆虫レベルなのかも知れません。
冷静に見た上で、そう思います。

人のアドバイスや色々な知識を、
ただ取り入れば良いだけなのに、
それが出来ないのは、
異常な自尊心が邪魔してるんでしょうね。



「ぴーす」
ぴーすについては、
嫌な変化を目の当たりにしました。

最初の頃…
子犬の頃は、凄くやんちゃな子でした。
あちこち走り回って、色々な物に興味深々で、
ちゃーみーにじゃれ噛み付く事も多かったです。
ですが、
暴力行為が酷くなる様になってからは、
凄く臆病になっていました。
いつもビクビクしていて、
細かく何度も鳴く癖も出て来てました。
別な子なのかと思う位です。

それ以来、
今もその性格が残っています。



「ちゃーみー」
同じ様な状況ではありましたが、
虐待の内容は、ぴーすより酷かったです。

暴力的な虐待に加えて、
あらゆる物を投げ落としたり、乱暴にドアやケージの扉を叩き閉める等の、
異常な騒音による環境的な虐待が拍車を掛けて、
次第に吠える様になりました。
物を力いっぱいに、投げ付けたりする事もありました。
子犬の頃からそんな状況では、吠える様になるのも頷ける事だと思います。

吠える様になってからは、
暴力行為が日増しに増えて来て、
悲鳴が外にも響き渡る事も多かったみたいです。
そんな状態だとすれば、部屋の中ではとてつもない大きさの悲鳴だったと思います。
これは、
そんなレベルの悲鳴を上げる程の、酷い暴力行為が行われていたと言えます。

ここを見ている皆さんの中には、
お家にワンコが居ている方も多いと思います。
うっかり、
ワンコの足を踏んでしまった経験もあるかと思います。
その時に、
外中に響き渡る様な悲鳴を上げますか?
半径40~50メートル以上の範囲に、大きく響き渡る程です。

そこまでは無いですよね?

それでも、
足を踏まれたワンコは凄く痛いと思います。
1キロ~5キロのワンコの数センチの足先を、
お子さんならば20キロ~、
大人ならば40キロ~80キロ…
人によっては100キロ近くにもなるかも知れません。
そんな重みが掛かるんです。
相当、痛いはずです。

ですので、
悲鳴の大きさから考えると、
その痛みの何十倍なのかと思います。


そして、
この中でもさらに、虐待のピークの時期の出来事です。

恐らく、
夜中に物音か何かに吠えてしまったんだと思います。
(上記の環境のせいで、普段から気持ちが高ぶっている状態ですので。)

それを聞いた飼い主が近付いて行き、
「ガッガッ!」「ドン!ドン!」と言う物音。

その後直ぐに、「ギャンギャン!」「ギャー!」と言う悲鳴。

しばらくすると、
「ギャンギャ…」「ギャ…」と言う、変な悲鳴に変わっていました。
不自然な感じがしました。

すると、
「ゴホッ、ゴ…」「ゴッ…ギギ…」と言う悲鳴。

飼い主がこちらに近付くにつれ、
「ギギ…」「ギギッギギ…」と、はっきり聞こえて来ました。

その時、
飼い主の姿が確認出来ました。
どうやら、
片手でちゃーみーの首の後ろを捻じり掴んでいたんです。
その状態で歩いていました。
暗くて鮮明には確認出来ませんでしたが、
手首の位置が少し変と言うか、
普通に持ったらこうだろうと言う、位置では無い様に見えました。
手首の返しが特殊な感じがしたので、
首を横か前から掴んで、後ろに捻じり回したのか?
そんな感じに見えました。
そこまで見えた位置に飼い主が来た時、
ちゃーみーの悲鳴ははっきりと聞こえました。
それは、
「ギギギ…ゴッ、ギギギ」「ギギギ…ギギギギギ!」と言う、
異様な鳴き声でした

過去も現在も、
そんな鳴き声は聞いた事がありません。
他の子達についても、聞いた事がありません。
何処かしらで、
普段聞く様なレベルの悲鳴ではありませんでした。

それからは、
同じ様に片手で捻じり持つ行為や異様な悲鳴が、
不定期に数回ありました。

この件も、
ちゃーみーやぴーすは何も悪くないです。
段階的に酷くなって行く過程には、
飼い主自らが作り出した原因が多々あります。
(飼い主は、ちゃーみーの性格がおかしいと主張しています。)

ですので、 
この子達は何も悪くない。
常々、
強くそう思います。



↓ちゃーみーとぴーすです。

子犬の時です。
やっぱり、可愛いですね。
でも、
こんな小さい時期からも、
酷い暴力行為があったんです。


sos134




ちゃーみーは、
閉じ込められている時間も多かった子です。
以前の記事の「閉じ込め」で書いた状態です。
(狭い小さいキャリーケースでの閉じ込め。)

理由は、
「うるさいから」「暴れるから」だそうです。

ある時期から、
その狭いキャリーケースに、座布団や毛布等を被せていた事もありました。
その上にさらに重い物(重し?)を置いたりしたり、
足の長い椅子(ダイニング用?)の上に置いたキャリーケースの中へ、
ちゃーみーを入れたりもしていました。
座面からの高さは、60~70センチはあったと思います。

その状態は、延々と続いて行きました。


このちゃーみーとぴーすの出来事は、
私達にとっても大きな出来事でした。
前にも増して色々と失いましたが、
大きなきっかけへと繋がって行きます。

ここでは経緯は省きますが、
その結果として、
飼い主を里親募集まで、
追い詰める事へと繋がって行きました。


この記事の頭部分に戻りますが、
だからこそ、
契約違反での譲渡破談なんて、
ふざけんなよって感じなんですよ。


ちなみに、
今の飼い主にとっては、ちゃーみーはお気に入りみたいです。
(ぴーすも次に来るみたいですが。)
ちゃーみーは、
「どこに行っても、後ろを付いて来るから」だそうです。
またどうせ、
気分次第でコロコロと扱いが変わるのに。

こう言う種類の人間は、
どこまでも「おもちゃ」にするんですよね。

本当に、
たちが悪いんですよ。

「いらない」と言ってみたり、
「可愛い」と言ってみたり。

話す度、
話す度にコロコロと。

その究極は、
死んでもお構いなしですよ。
絶対そうだと思います。
自信あります。

詰まる所、
本当は「いらない」くせに、「離したくない」。
異常な自尊心がある人間の、
心の闇の問題でもあるんです。

そんな気持ち悪い闇をどうするか?
もっと言うと、
どう誘導して行くか?
実は、
そこが重要だったりもします。
(この続きは、また改めて書きます。)



まとめると…

子犬の時から、
以上の様な酷い暴力行為があって、
環境的な虐待もあって、
譲渡先が決まって幸せになれると思ったら、
相手の契約違反で破談。

「ちゃーみとぴーすは散々。」

その一言です。






続きます。







皆様からのお気持ちが必要です。
ご協力宜しくお願い致しますm(_ _)m


・ご支援は随時受付中です。
温かいお気持ちがこの子達の幸せの一歩となって行きます。
お力添え宜しくお願い致します。
(↓こちらのフォームよりお願い致します。)
支援申込みメールフォーム



・新しい家族を待っている子達のページです。
この子達の不幸をご理解頂け、
本気で迎えて頂ける強いお気持ちの方からのお申し込みをお待ちしております。
(↓こちらのページより進めます。)
幸せを待つ子達

(お申し込みされる子が決まりましたら、
譲渡についての注意事項へお進み下さい。
最後まで読んで頂くとメールフォームがあります。)




↓クリックでの応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m




スポンサーサイト

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

訪問者
プロフィール

ジャック

Author:ジャック
奈良24頭のプードル SOS!里親募集のブログです。
里親へのご応募、ご支援のお申込みはホームページにてお願い致しますm(_ _)m
皆様からの温かいご協力、心よりお待ちしております。

現在、コメントは閉じてあります。
コメントはメールフォームを
利用して頂ければありがたいです。

この子達の幸せの為、頑張って行きたいと思います。
応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

↓ブログランキングへのクリックでの
応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
12706位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

6609位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。