スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「訪問日」

今日は訪問日の様子を書きます。



やり取り自体は、かなりごちゃごちゃした感じになりました。
位置関係が分かり辛いかと思うので二つに分けます。


今日の内容は、
「時期尚早なワクチン接種の件、その理解度の調査。」についてです。
相手方本人以外とのやり取りが主になります。
相手方本人とのやり取り「13日間もの連絡放置」については、次回に書きます。



ふと気付いたのですが、
これ書くとまた怒りが込み上げて来ますね。
変なテンションになっていると思うのでスルーしておいて下さい。



「」内は実際の会話内容、要点を絞ったものです。




到着すると、
相手方の母親にとても不機嫌に迎えて頂きました。

不機嫌そうに「どうぞ」と一言残し、
スタスタと中へ入っていってしまいました。

う~ん…
って感じでした。(←美化してます。ホントはピキッって感じ)


内容が内容なので、
歓迎されないのは分かりますが、
何故私達が来たのかな?
何故私達の貴重な一日を潰さなきゃいけないのかな?
しかも私はアレルギーでダウン寸前…
あなた(達)が約束を破ったからでしょうが。


あと、
先に説明しときたいのですが…

(↓前回のブログに書いた内容)
ちゃーみー、ぴーすのお見合いやホームステイ終了日の日程を決める際には、
「分かりました」「了解しました」「お待ちしております」「お気をつけてお越し下さいね」等、
日程が確定すれば必ず連絡を頂いていました。
ここまでの経緯があって、
「調整可能です」とだけ言われても信憑性が低いです。
一般的には…
と言う以前に、今までと同様に日程確定の連絡はあって然りだと思います。
何より、
「(但し、土日祝と*****ご予約がある日は省く)」と。
土日祝は避ければ日程確定が出来ますが、
「*****ご予約がある日」は相手方本人しか分かり得ない事です。
以上を踏まえれば、
日程確定の最終連絡は必須だと思います。

出発前や相手方自宅へ向かう道中、
不安やイライラでいっぱいでした。
(以上
、前回のブログに書いた内容↑

だったので、
相手方へ向かう道中に、最悪の事を考えて色々と準備をしていたら、
予定時間を数十分(20~30分位)過ぎてしまいました(通過場所の途中連絡は連絡しました)。
その事で、
「言うてた時間より遅いから用事してましたわ」
「約束してた時間より遅いから」等と相手方の母親にグチグチ言われました。

約束…




しばらくすると、
相手方本人が下りて来ました。
いつになくばっちりメイク。
この後、
お出掛けですか?
そうですよね。分かります。

こちらもこの後、
急いで病院へ検査や確認に行かないといけないので…
じゃあ、
さっさと済ませますか~
みたいな事を言い聞かせながら、
湧き出る怒りを誤魔化しながら始めました。


と、
その前に…
話がゴチャゴチャなりそうな予感がプンプンだったので、
先に相手方の母親へ聞き取り調査から始めさせてもらいました。
今回の件で確認したい事もあったですし、他の調査も兼ねて…
チクチク調査書も作って来ましたし。
トイレの状態とか散歩の有無しや頻度…
フィラリアやノミダニ駆除等、
取り分け驚きの無い(譲渡時に書類は渡しているので)質問ばかりです。



先に、
今回の核心部についてです。

何故、前回の混合ワクチン接種時期からわずか半年後に接種をしたのか?
しかも、8種。
3種を追加したのはどんな理由なのか?



その答えの要点は…
「田舎なので草むらが多いから」
「色々な病気があるから」
「〇〇(亡くなった先住犬)の時から8種だったから」


どれもよく分からない答えでした。
こちらの周辺は、
確かに都会と言う感じでは無いですが、
このレベルで8種が必須になのなら、
奈良なんて8種だらけになるかと思いますが。


う~ん…
もう少し噛み砕いて、以下の内容で再び聞いてみました。

前回が5種です。
それで、今回は8種。
3種増えてます。
ワクチンは感染症に効果があるものですよね。
その3種の感染症は知っていますか?

すると…

「分かってます~(かなり嫌な言い方)」
「〇〇(亡くなった先住犬)の時からそうやから分かってます~」
「全~部分かってます~」

だったので、

「じゃあ、その3種の感染症答えて下さい。」
「病気(感染症)の特徴だけでもいいですから。」

そしたら一転。

「アレやアレ、知ってるゆーてますやん。」
「病院のやつ(書類)は車の中にあるから」
「アレなんはちゃんと知ってます。アレは全部知ってます~」

アレって何?

「いやだから…」
と、こちらが言い出したら…
突然ヒステリー。

「今、無いゆーてますやんか!」「車にあるゆーてますやろ!」

うひゅーー。
自分がキレそうなのでもう終了。

答えは…
「知らない」で確定。


そして実は…
驚きの事実が他にも判明しました。


聞き取りの結果、
散歩の頻度は高いとの事でした。

毎日、朝と晩。

でも、
迷子札は着けてもらって無かったんです。

迷子札を見せて下さいと言った時、
相手方本人が場所が分からなくて、
離れた所で用事をしてた母親がヒステリー連発。
「そこにあるやんか!机!!」「あんたの目の前や!!」等…
でも、
袋から出てきたのは鑑札札…



きっちり説明させてもらうと、
「それや思うてましたわ~…」と、フェードアウト。

でも、
ホームステイも正式時の際も、
迷子札については具体的に何度か説明させてもらいましたし、
母親も毎回同席して話を聞いてましたよ。

しかも、
ホームステイ時にはこちらで迷子札を貸し出しましたよ。
ちゃーとぴーすで2回も。
今さら、
鑑札札=迷子札の勘違いは通らないです。


その後も酷い状態でした。

とにかく、
ヒステリーが多い、ウザイ。

私、ヒステリー駄目なんですよ。
飼い主とダブるんで。
キレて暴れそうになるんです…

その後は、
事前にメールで連絡しておいた物を預かろうとしたんです。
書類や診療証明等です。
書類はチェックして返したいですし、診療内容も確認したかったんです。

実は、
ここはいつもサラさんと意見が分かれる部分なんです。
サラさんは、目立つ悪い部分(違反部分)が一つでもあれば結果を出す人です。
それ以降は無駄な時間の消費になるから嫌みたいです。
私は、まずは全部を確認してから、今後の結果を出したい考えなんです。

で、
預からせてもらおうかと思ったんですが、
「車にあるから無いですわ」と。

「さっきまで
(父親が)おったんやけど、来るの遅いから」
そして、
「言うてた時間より遅いから」
「約束してた時間より遅いから…」
と、前半のループに。

「もうすぐ戻ると思うから、電話しますわ。」
だったのですが、
病院の受付の時間もあるし、
しかも、その病院混むし…
さらに、大阪の病院だし…
だったので、
もう無理的な感じでした。

とりあえず、
病院の書類を記入してもらわないと。
(とにかく混むので、スムーズに確認出来る様に書類を作ってきたんです。)
という事で、
「今分かるなら、診察券の名義と番号を教えてもらえますか?」
と聞いたのですが、
また
「今、無いゆーてますやん!車の中やから、電話しますから。」
だったので、
「番号は分からないと思うので、診察券の名義人の名前だけでも分かります?」
「分からなかったら大丈夫なんで。」

「もうじき帰るから!」

「いや、分からなかったら大丈夫なんで。こっちで確認してみますから。」

「だから!今電話するゆーてるやん!!!」

「……」

また始まったので、
分かった分かった。
じゃあ、もういいから。
と、怒りを抑えて次のステップへ。

結局、
こちらで確認して完了しました。

その後も、
似たような流れが続きました。

病院への時間(くどいですが本当に混むんです)も差し迫って来ているので、
話をまとめている時に相手方の父親が帰宅。

開口一番、
「連れて帰るの?なんで連れて帰るの?」
「大事にする言うてんねんから、ええんちゃうの!」

続けて相手方母親、
「〇〇(相手方本人)が約束してた連絡せんと、ゲームで遊んでてんて~(かなり嫌味な言い方)」

相手方父親、
「なんで~ええんちゃうの?ゲーム位。それ位分かるやろ~」

何がいいの?
それ位ってどの位?

(ちなみに、
ホームステイ終了して正式譲渡が決まった日、
この父親も同席されていました。
私達が他の二人と話している際、
記入し終わった
契約書を読んでいましたよ。


「いや、あの…もういいですわ…」
もう怒りを抑えるのに必死でした。
油断したら爆発しそうで…
ただただ、
その自分勝手な主張に吐きそうになりました。


「もう病院の時間があるんで…」
「検査行かせてもらいます」
で、
先を急ぐ事…
この場を離れる事にしたんです。


サラさんはちゃーとぴーすを連れて先に。


私は相手方本人と移動しようとしたのですが、
リビングから玄関へ向かう途中、
リビングで相手方母親が父親に向かって、
凄い言い方で私達の悪口を言ってるんです。


「ほんまやで!!…」とか、
「何やのあの態度!!」とか、
「むすーっとした顔して!!」とか…



何と言うか…
こんな酷い事は初めてです。
今まで色々な場所に行かせてもらいました。
そこで色々な人とお話をしました。
皆さんそれぞれ向き合ってくれていますし、
こちらを気遣ってくれました。
ここまで酷い人はいませんでした。
過去最悪です。



以前のブログで、
相手方本人へのメールへも書きましたが。
里親譲渡云々以前の問題だと思います。
人間としてどうかと。


長くなるし下らないので省略しましが、
この他にも色々ありました。


お話中親子喧嘩が何度もあったり…
「言うたよ」「聞いてへんわ!」等。
その度に、
「いや、親子間の問題は私達は関知しないので…」と。

「一度普通の家に馴染むと、わがままや甘えを覚えると思います。
その状態でちゃーとぴーすが戻ったら、また虐待されると思います。」
「可哀相です…(あてつけ)」
と言うと、
「そうでしょう?だから置いといてもうたらええですやん。」と。

あとは…
違反の説明をしたらしたで、
「だから、謝ってますやんか!!」とか何度か。

「私(相手方母親)が契約者になったらええんちゃいますの?」
「いや、そんな簡単な話じゃないんで…この人が駄目ならこの人でとかじゃないんで。」
「簡単に言うてません!ちゃんと分かった上で言うてますやんか!」とか。
簡単やし…
感染症も答えれてないし…
迷子札も着けてなかったし…


蓋を開ければ驚愕の結果でした。
とにかく「最低」の一言に尽きます。


そのまま書くとややこしくなるのでざっくりと書きますが、
一つ言いたい事があります。

ご存知の方も多いと思いますが、
契約行為は日常の中に意外に多い行為です。
相手方両親は自営業をされております。
その業務においての金銭の授受も契約です。
そして里親譲渡も契約です。
細かい部分は違いますが根本は同じです。
お店で言うと、
店で明示する内容を客が承諾して契約が結ばれます。
客は明示された商品又はサービスを受ける換わりに金銭を、
店は明示された金銭を受取る換わりに商品又はサービスを。
お互いに守る義務が発生します。
契約違反があった今回の件に当てはめると、
お店で3000円と明示した商品又はサービスを客が消費又は利用します。
商品の消費又はサービスの提供を受けた後で、
「そんなんええやん。1500円でいいやろ?」
「いや、私は1000円や思ってました。」
「いやいや、私は500円って聞いてましたから。」等、
若しくは、
「私は〇〇〇(業種又はお店)が大好きで大好きで~
だから代金をツケにして~必ず払うから~約束するから~」

口々に主張されたら、その値段で又はツケをして頂けるお店なのでしょうか?
そういった方達を世間一般では、「万引き犯」「無銭飲食無銭利用」…
所謂「窃盗犯」「詐欺犯」と認識されているのではないでしょうか?

ご自身のお店でそんな事が起きればどうされますか?
段階や相手の言動等を見て、最終的には警察へ通報ではないでしょうか?
その時言うんじゃないですか?
「いや、うちは代金さえ払ってもらえれば大事には…」
「店で決めた代金さえ…」
「うちの店の値段はこう決まってる…」


それと同じです。
一度、今回の全ての言動を当てはめてみて下さい。
いかに下らない事かが明白になるかと思います。



譲渡の契約において、
契約内容は書面にて明示しております。
軽微なものは総合的に判断する場合もありますが、
原則はそれの是非を問う場所はありません。
契約が結ばれた段階で双方が契約に縛られます。
そこが基本であり全てです。



上記の様に、
私もいつも同じ事を思っています。
「いや、私は契約内容さえ守ってもらえれば大事には…」




次回、
相手方本人とのやり取り「13日間もの連絡放置」に続きます。




↓クリックでの応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m

スポンサーサイト

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

訪問者
プロフィール

ジャック

Author:ジャック
奈良24頭のプードル SOS!里親募集のブログです。
里親へのご応募、ご支援のお申込みはホームページにてお願い致しますm(_ _)m
皆様からの温かいご協力、心よりお待ちしております。

現在、コメントは閉じてあります。
コメントはメールフォームを
利用して頂ければありがたいです。

この子達の幸せの為、頑張って行きたいと思います。
応援宜しくお願い致しますm(_ _)m

↓ブログランキングへのクリックでの
応援も宜しくお願い致しますm(_ _)m

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
13492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

6916位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。